害獣駆除って自分で出来るの?駆除の注意事項と手順、その危険性について

害獣駆除を考えるにあたって気を付けるべき法律や、自力で駆除する場合の手順について詳しく解説しています。また害獣駆除における危険性についても紹介しています。

害獣と言われて一番初めに思いつくのは、おそらくネズミだと思います。しかし近年ではタヌキやハクビシンなどといった、中型の動物による被害が増えてきています。しかし「駆除をして良いものなのか」「どう対策したら良いのか」などその対処法については、世間一般にあまり知られていません。なので今回はタヌキやハクビシンといった害獣の駆除にあたっての注意事項や、自力での駆除の手順、自力で出来る害獣対策などについて見ていきます。

駆除にあたっての注意事項

害獣駆除注意事項

家の中や田畑を荒らしてしまう害獣は迷惑であるため「すぐにでも駆除してやろう」と思うでしょうが、駆除するにあたって注意しなければならないことがあります。それは「駆除に許可がいる種類かどうか」です。

害獣と呼ばれてはいますが「鳥獣保護管理法」という法律があり、狩猟免許を持っていない人が自治体などの許可なく殺処分や捕獲をすることは認められていません。もし法対象とされている動物の殺処分や捕獲を無断で行い、この法律に抵触した場合には「1年以下の懲役又は100万円以下の罰金」が科されることとなります。

法律に保護されている害獣

害獣と一口にまとめてもその中には様々な種類が含まれ、法対象でないものも存在します。ここでは法対象となる種とそうでないもので分けて紹介します。

法対象となる害獣

  • ハクビシン
  • タヌキ
  • アライグマ
  • イタチ
  • アナグマ
  • カラス
  • モグラ

主に被害が見られる害獣を挙げましたが、これら以外の動物も規制対象となります。鳥獣保護管理法での「鳥獣」の定義は「鳥類又は哺乳類に属する野生動物」となっています。この定義の中には一部の種を除いたネズミやモグラも含まれます。

法対象とならない害獣

  • ネズミ(家ネズミ類3種)

家ネズミと呼ばれるドブネズミ、クマネズミ、ハツカネズミの3種は地上で出会う害獣の中で、規制が例外的に解除されている動物です。このネズミたちは「環境衛生の維持に重大な支障を及ぼす鳥獣」とみなされているため、狩猟免許がなくとも殺処分や捕獲が可能となっています。

自力で駆除をする手順

害獣駆除DIY

ここでは自力で害獣を駆除するための手順を

  1. 自治体窓口での許可申請
  2. 捕獲用の罠の用意
  3. 罠の仕掛け方
  4. 処分の仕方

以上4つに分け詳しく解説していきます。

1.自治体窓口での許可申請
狩猟免許を持っていない方はお近くの役所へ行き、担当課で「有害鳥獣捕獲許可申請書」という申請書を記入し提出して下さい。許可が下りた場合には殺処分や捕獲が認められます。担当課は安全課であったり、生活課であったりと地域によっても異なりますので役所へ確認して下さい。

2.捕獲用の罠の用意
申請書の許可が下りた場合には「箱罠」と呼ばれる捕獲用の罠が必要となります。ネットなどで自分で購入するパターンと、自治体が貸してくれるパターンの2パターンが主流です。しかし残念ながら、自治体による貸し出しは地域によって行っていないこともあるため、事前に確認しておくと良いです。購入する場合にはサイズや機能にも様々な種類があるので、駆除に臨む害獣に合わせて選んで下さい。安いものであれば、1万円以内で罠の入手は可能です。

3.罠の仕掛け方
罠ですが、食べ物で釣り箱罠に入れ捕らえるというのが定石じょうせきです。基本的に害獣は雑食であることが多いですが、肉類を好むもの、野菜類を好むもの、現代風のお菓子を好むもの、とその食性は様々です。害獣を釣る食べ物を選ぶ際は、害獣の種類などによって好みが分かれるということを意識して下さい。

4.処分の仕方
罠にかかった場合には駆除の申請をした自治体の定める条例に準拠し、処分を出来るだけ速やかに検討して下さい。一般的な殺処分では「なるべく苦痛を与えない方法を採る」という方針が推奨されています。そのため炭酸ガスや電気ショックなどを用い、安楽死させることが多いです。

※注意点ですがアライグマは「特定外来生物」に指定されているため、殺処分せず自治体への引き渡しが必要となる場合があります。捕獲前に自治体へ確認して下さい。

許可がなくとも自分で出来る対策

害獣駆除対策

居心地の悪い環境を作る

害獣にはニンニクやオイルの臭い、煙、ワサビ、トウガラシなどの強い臭いや刺激臭が苦手なものが多いです。また被害箇所などを強い光で照らすと近寄らなくなることもあります。具体的なアイテムには、燻煙材と呼ばれる煙を発生させるものや臭覚しゅうかく忌避剤きひざいと呼ばれる名の通り強い臭いで追い返すものがあります。しかしこの対策は継続的にする必要があり「いなくなった」とすぐにやめてしまうと、また戻ってくる可能性があります。なので継続することを少しでも面倒に感じたら業者へ依頼することをおすすめします。

侵入経路をふさぐ

基本的に屋外へと通じる穴から害獣が入り被害を受けます。そのため侵入経路を特定し、ふさぐことは新たな害獣の侵入を防ぐことにつながります。屋根にスキマができていたり、室外機の裏の壁がもろくなっていたりするとそこから侵入しますので、普段見えていない部分も含めくまなく探してください。

害獣駆除の危険性

害獣駆除の危険性

害獣の駆除は安易に手を出せる作業ではありません。前述した法の観点からも言えますが、捕獲時や時期によって本能的に攻撃をしてくる可能性があるからです。駆除には経験も必要ですがそれ以上に知識と準備が必要です。

ここでは害獣駆除の危険性の例として

  • 害獣の凶暴性
  • 害獣の持つ病原菌

以上2点について解説していきます。

・害獣は凶暴
害獣は時に凶暴性を増したり、元々凶暴であったりします。例えばアライグマは過去にニュースになったこともあるほど、凶暴であり危険な動物です。また他の動物にも言えることですが繁殖期には気が立っていることが多く、時として人を襲うことさえあります。捕獲時は特に暴れるものが多く、素人が捕獲しようとしてケガをした事例もあります。

害獣に対する知識があれば専用の手袋を準備することも可能ですし、時期によって害獣への手の出し方を変えることも可能です。なので安全性を考慮するのであれば、害獣駆除はプロに任せることをおすすめします。

・害獣の持つ病原菌
害獣は病原菌の媒介となることも少なくありません。また病原菌を持つダニやノミの媒介となることもあります。病原菌の例としては、食中毒の原因となるサルモネラ菌、黒死病のもととなるペスト菌などが挙げられ、このような死に至る可能性のある菌を媒介することもあります。
そのため知識や準備がないと重大な病気にかかることもあり得ます。小さなお子様やペットには大きな被害が及ぶこともあるため、害獣に触れた場合の処理や糞尿の処理などには充分に気を払わなければなりません。
安易に「自力で駆除までやってしまおう」などとは考えないことをおすすめします。

まとめ

大阪 害獣駆除

害獣駆除に際しての法的な注意事項、危険性などは伝わったでしょうか。愛らしく見えますが相手は野生動物です。飼い猫や飼い犬と違い安易に触れればケガをしますし、媒介している菌による病気のリスクもあります。また害獣とは言うものの、その駆除の規制も厳しく自力解決には時間がかかります。時間がかかれば数が増え被害が拡大することもあります。
なのでまずはプロへの相談をおすすめします。